クレプトマニアとは?

クレプトマニアとは?

クレプトマニアとは、どのような症状なのでしょうか

クレプトマニアを日本語に訳すと「窃盗癖」又は「窃盗症」になります。なお、国際疾病分類(ICD-10)では、「病的窃盗」と記載されています。これは「盗みを止めたくても止められない」という精神障害です。 クレプトマニアは、アメリカの精神疾患の診断基準であるDSM-5(2013年)において,「窃盗症」と記載されている精神疾患の1つです。DSM-5におけるクレプトマニアの診断基準は、次の5つです。

ただし、ここで示されている基準を厳格に適用するのでなく、緩やかな解釈で適用することが妥当だと考えます。

クレプトマニアの特徴

クレプトマニアの特徴

本人だけの力では、依存対象の衝動に打ち勝つ事は難しく、今捕まる事が非常にまずい状況(子供が幼い、仮出所中、執行猶予中)の中でも再犯してしまうことは珍しくありません。

もう大丈夫、もうやらない  今はそんな気持ちでも、継続して適切な治療を行うことが大切です。脳に刻まれた依存対象は一生消えることはありません。